AnnaBabyTokyo

仕事・子育て・健康・栄養~働く女性を応援する情報ブログ

パパママの健康

「産後太り」の原因は夜食や低栄養の食事?シンガポール・研究

多くの女性を悩ます「産後太り」。その原因は夕食を摂る時間帯や、スナック菓子など低栄養の食事が原因かもしれません!シンガポールの最新栄養研究を見てみましょう。 妊婦さんが夜7時以降にドカ食いすると? 妊娠中は胎児の成長に伴い、ママの体重は増え…

加工食品の摂取が多いと糖尿病リスクがUP?フランス・研究

スナック菓子をはじめ「インスタント食品」「ハム・ウィンナー」など、食品工場で加工されている食品には、防腐剤や着色料が含まれています。それらを食べ続けている人は、糖尿病リスクがUPすることがわかってきました。フランスの最新研究を見てみましょう…

妊活中の女性の多くは偏った食事?足りない栄養素は?オーストラリア・研究

妊娠を希望している女性、そして妊娠中の女性も、ほとんどの人が「妊婦に必要な栄養」を満たしていないようです。オーストラリアの最新「母子栄養」研究の結果を見てみましょう。 妊活中・妊娠中の女性は食事が偏っている? オーストラリアのエンデバー・カ…

胎児にも腸内細菌はある?ヒトの赤ちゃんで確認!アメリカ・研究

胎児にも腸内細菌はある?ヒトの赤ちゃんで確認!アメリカ・研究

働き世代のパパの健康増進改革に8つのポイント!カナダ・研究

働き世代のパパは社会的立場や、家族の大黒柱としての責任など様々なストレスがあるので、健康を保つのも大変ですよね。男性ならでは健康を保つポイントがあるようなので、カナダの最新「健康増進」研究の詳細を見てみましょう。 男性の健康増進に役立つ条件…

人間は友人や家族で食事する時、大食いになる生き物?イギリス・臨床栄養研究

今週は、お正月太りを気にされている方も多い時期ですね。11日(関東)の「鏡開き」、15日の「小正月」と、まだまだニューイヤーの雰囲気は残っています。パパママ世代は、仕事関係や友人知人との新年会という方も多いことでしょう。こうした年始には「人と集…

過度な運動やトレーニングは脳を疲れさせる?フランス・最新アスリート研究

今週のお題「2020年の抱負」 今年はオリンピックイヤーなので、いつもより運動習慣を気にかけている方も多いことでしょう。「2020年の抱負」に、一日10,000歩! スクワット一日100回!などなど。程度な運動やトレーニングは、大人も子供も体力を支える上で大…

加糖飲料の自動販売機を職場で無くすと究極のダイエットに?アメリカ・研究

自動販売機のラインナップを見ていると、未だに加糖飲料の種類が大半を占めています。肥満や加糖飲料の問題は、世界中で問題視されており、課税対象にする国も増えてきました。アメリカの最新内科学研究によると、職場に加糖飲料の自動販売機を無くすだけで…

砂糖のとりすぎ、たった2日で腸内細菌に影響して腸炎の症状?カナダ・研究

いよいよ今年も大みそかを迎えましたね。普段、食事のセーブをしている人も、年末年始はご馳走三昧。おせち料理の他に、お年賀のお菓子や、ぜんざい(お汁粉)などのお砂糖たっぷりの食品を口にすることでしょう。カナダの最新研究によると、砂糖のとりすぎ…

肺癌リスク低下の食事療法に、ヨーグルトと食物繊維摂取が関連?米・研究

喫煙がやめられないパパママや、呼吸器や気管支が弱い人は、将来「肺癌(肺がん)」が心配ですよね。肺がんの予防やリスク低下に、食事療法としてヨーグルトや食物繊維の摂取が有効的な関連を見せているようです。アメリカの最新研究を見てみましょう。 ヨー…

母乳育児は産後女性の高血圧と糖尿病発症予防に?米・研究

現在、世界各国で母乳育児が推奨されていますね。母乳育児を体験した産後の女性にも、様々な健康効果があることがわかってきています。そんな中、アメリカの最新研究で、母乳育児を1年以上続けた女性は、高血圧や糖尿病発症の予防につながることがわかってき…

健康長寿を目指すなら小食!寿命は食事療法で延びる?独・研究

人生100年時代に突入しましたが、「寝たきり」の人も多く、真の健康長寿をまっとうしている人は少ないと考えられていますね。世界的に長寿時代に突入している今、健康的に年を重ねる研究が各国で行われています。ドイツの最新「代謝」研究では、若いころから…

運動中はゼリー飲料よりポテトの方が能力を高める?米・研究

ランニング中のエネルギーや栄養補給に、ゼリー飲料を飲む人は多いですね。CMやマラソンのTV中継でも、よく見かけるシーンです。しかし、人工的にパワーが出るよう加工されたゼリー飲料よりも、ジャガイモを使ったポテトを摂取する方が、運動能力が高まるよ…

子供の心臓病は任活中のパパの食事が影響していた?英・生理学研究

子供の心臓病は任活中のパパの食事が影響していた?英・生理学研究

体に悪い食品ほど不思議と美味しい!脂肪・塩・糖が関与?米・研究

体に悪い食品ほど不思議と美味しい!脂肪・塩・糖が関与?米・研究

睡眠中に脳がクリーニング?脳波の仕組み・血液・音の関係は?米・研究

私たちの脳は、睡眠中でも起きていると言われ、様々な働きを司る臓器。脳科学の研究は、日進月歩で毎日のように、いろんな研究が発表されていてナゾが多いですよね。そして不眠症の人口が増えたことから「睡眠科学」の研究も進んでいます。そんな中、私たち…

腸と脳の相関関係とは?腸内細菌は脳細胞やうつ病に影響か?米・研究

腸は「第二の脳」と言われるようになって、久しくたちますね。アメリカの最新研究で、腸内細菌と脳細胞のコミュニケーションに新たな細胞分子プロセスがあることが発見されました。あの『ネイチャー』に載った研究結果では、どのようなことがわかったのでし…

トマトはミートソース等のパスタ料理として使うとダイエットに不向き?米・研究

トマトはミートソース等のパスタ料理として使うとダイエットに不向き?米・研究

食後の異常な眠気はなぜ?血糖値スパイクは原因ではない?米・研究

食後の異常な眠気はなぜ?血糖値スパイクは原因ではない?米・研究

妊娠中の飲酒は胎児の脳に影響し記憶力低下に?米・研究『ネイチャー』掲載論文

妊娠中の飲酒は胎児の脳に影響し記憶力低下に?米・研究『ネイチャー』掲載論文

睡眠不足は脂肪代謝に影響して太りやすい!? 米・研究

働き世代のパパママは、仕事がある日は、ほとんどの人が、「睡眠が浅い」そうです。もちろん、個人によって程度の差はありますが、それが深刻化して、睡眠不足に陥ると、様々なカラダの不調が出てきて、肥満や糖尿病の原因になるそう。その原因は脂肪代謝が…

キノコの摂取量が多い男性は前立腺ガンのリスクが低い?東北大学・研究

男性特有のガンに「前立腺ガン」があります。日本では3年ごとに統計がとられている、ガンでの死因で、「前立腺ガン」は、2017年度の男性の中で第6位に上がってきています。(2014年度は男性の中で第5位) その前立腺ガン、キノコ類をよく食べている男性は、…

ダイエットしながらの運動は骨に悪い?アメリカ・研究

食べる量を減らしたり、カロリー制限をするなど、何らかのダイエットを取り入れながら、運動を取り入れると、骨に悪い影響が出るそうです!?アメリカの最新研究を見てみましょう。 ダイエットしながらの運動は骨に悪い? アメリカのノースカロライナ大学の研…

6年以内に収入が減ると心臓病リスクが高まる?ハーバード・研究

景気の回復がなかなか見込めず、お給料が上がらない!? とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。ハーバード大学の心臓研究では、6年以内に収入が減った人は、心血管疾患のリスクが上がり、逆に、6年以内に収入が上がった人は、心血管疾患のリスクが低くなる…

妊活中のパパママ必見!?トマト由来のリコピンが精子の質を高める?英・研究

妊活中のパパママに朗報です。イギリスの最新研究によると、トマト由来のリコピンが、精子の質を高めることがわかってきました。詳細を見てみましょう。 リコピンの吸収が良くなると精子の質が高まる? イギリスのシェフィールド大学の研究によると、トマト…

5秒でできる!?運動生理学に基づいた筋トレ!「アイソメトリックス」

ダイエットや体力維持には、筋力をつけることが大切です。しかし、1日30分程度の運動時間を取れていないのが、現代人の現実ですよね。そこで、運動生理学に基づいた5秒でできる筋トレをご紹介します。 『アイソメトリックス』という名で、「静的筋肉強化法」…

筋トレで若返り?筋肉から分泌されるホルモン「マイオカイン」とは?

パパママ世代では、健康のために筋トレを行っている方もいらっしゃるでしょう。筋トレは男性のイメージが強いですが、今では女性でも行っている方が増えましたね。実は、筋トレを行う人ほど、筋肉から分泌される若返りホルモン「マイオカイン」が多く、健康…

歩くのが早い人は頭脳明晰?

運動をするとリンパの流れが良くなり、脳にも良い影響を与えると言います。それを裏付けるように、ドイツの最新研究で、「歩くのが早い若年層は、頭が良い」ということがわかってきました。詳細を見てみましょう。 走るのが早い人は頭が良い? ドイツのミュ…

脂質減は乳がん予防になる?

野菜や果物、全粒穀類などの摂取を増やし、低脂肪食を心がけると、乳がんによる死亡リスクが低下することがわかってきました。アメリカの最新栄養研究を見てみましょう。 低脂肪食は乳がんをはじめ様々な病気を予防? アメリカのフレッドハッチンソンがん研…

脳の栄養不足は肉食で解決?

肉食中心の食生活は、様々な生活習慣病の原因になりますが、お肉を控えすぎると、今度は脳の栄養不足になることがわかってきました。脳の栄養はグルコース(糖分)だけではありません。肉食がどのように、脳を活性化してくれるのでしょうか? お肉を控えすぎ…