AnnaBabyTokyo

仕事・子育て・健康・栄養~働く女性を応援する情報ブログ

女性の健康

筋肉量をUPしてやせる!? 黒酢ゆで卵ダイエット

今週のお題「最近おいしかったもの」 血糖値の乱高下を抑えるダイエットが主流となってしばらくたちますね。糖質オフをはじめ、野菜から先に食べる「ベジファースト」も一般的になりましたが、近年、空腹時にタンパク質食品から食べても血糖値の乱高下はない…

炭酸水活用で冷え・ダイエット気になる不調が改善

普段の飲料水にミネラルウォーターを購入しているご家庭は多いことでしょう。それを炭酸水に変えるだけで、冷え性をはじめ、血流や血圧の改善、たるみやシワ、アトピーやニキビなどの皮膚疾患、そして免疫力UPまで様々な不調改善作用があるそうです。医療現…

肝臓をダメにする日常生活ワースト5~シジミで改善

お酒の飲みすぎによって肝臓を悪くする人は多く、「肝臓は現代人の急所」とも言われていますね。そして「二日酔いにはシジミ汁」と昔から言われるように、やはりシジミには肝臓を労わる栄養成分が豊富なようです。詳細を見てみましょう。 飲酒だけではない!…

冷え予防、血流改善になる「オクラ水」のスゴさとは

数年前から生の野菜や果物、ハーブをカットしてミネラルウォーターに漬けるだけの「フレーバーウォーター」が話題になっていますね。今年は、生のオクラのみをミネラルウォーターに漬ける「オクラ水」が人気沸騰中で、書籍も出ているほど!主に血流を改善し…

密かなブーム「酢みそ汁」で睡眠障害や喘息改善に

ここ数年、「酢玉ねぎ」「酢キャベツ」「酢ベジ」などなど、お酢を用いた野菜の保存食がブームとなっていますが、今年は「酢みそ汁」が密かなブームとなっているようですね。睡眠障害やお腹ヤセ、喘息改善など様々な医学的方向も上がっているので、その秘密…

コレステロールを増やさない食生活で動脈硬化を防ぐ

ここ3日ほど、動脈硬化についての記事を書いてきましたが、本日は、動脈硬化の予防や改善につながる食生活をお届けします。ポイントは、コレステロールを増やさない食事です。 飽和脂肪酸の摂取量を減らす! コレステロールを減らす食事というと、一番に思…

男性は注意! 動脈硬化を引き起こす危険因子は?

昨日の記事で、健康診断の数値から動脈硬化や脂質異常症を読み解く方法をお伝えしましたが、本日は、それ以外にも潜む、注意信号をお伝えいたします。特に男性は女性よりも3倍も動脈硬化のリスクが高いので、注意しておきましょう。 高血圧や高血糖 高血圧…

健康診断の数値で動脈硬化、脂質異常症を読み解こう

そろそろ健康診断の時期に差し掛かってきましたね。先日の肝機能検査の記事に引き続き、本日は、動脈硬化や脂質異常症を読み解く数値についてです。メタボが気になる人、スリムだけど隠れ肥満が気になる人は、健康診断の血液検査より、危険信号を早めに読み…

肝機能を整えるMCTオイルは中鎖脂肪酸がカギ

今年は「MCTオイル」が話題ですね。血糖値の上昇を抑え、肝機能を整えたり、認知力をUPすることで売り上げも上がっているようです。MCTオイルの研究データと共に詳細を見ていきましょう。 MCTオイルとは? MCTオイルは「Medium Chain Triglyceride」の頭文字…

健康診断の数値~肝機能検査編AST,ALT,γ-GTPとは?

10月に入り、そろそろ健康診断の時期がやってきましたね。結果を見て、異常なしと喜んでいても、数値で範囲が決められているので、ギリギリセーフなだけで、実は何かの予備軍かもしれません。またその数値の意味も理解できているでしょうか?本日は40代以降…

母乳育児を行った人は脳卒中リスクが軽減?米・研究

高齢になると増えてくる脳卒中ですが、女性においては、母乳育児(授乳)を経験した人は、そのリスクが低くなることが、アメリカの最新の心臓研究でわかってきました。詳細を見てみましょう。 脳卒中と母乳育児の関連性 女性の場合、女性ホルモンの影響で、…

蕎麦は玄米以上の健康食! 肌荒れや秋の不調対策に

一雨ごとに涼しくなり、そろそろ温かいお蕎麦が恋しくなってくる季節ですね。蕎麦は他の小麦粉でできた麺と違って、栄養価が豊富で、10割蕎麦に近付くほど栄養価は高いと言えます。季節の変わり目は、肌荒れや不調を引き起こしやすいので、その対応食として…

糖質制限は内臓脂肪を減らすが長期間はタブー?

糖質制限ダイエットが一般化してずいぶん経ちますが、実践している方も多いことでしょう。ガマンするダイエットは長続きしないので、糖質制限のスイーツ類はありがたく活用するとして、主食のご飯を抜いている人は、長期化するとかえって危険です。カラダが…

睡眠不足が続くと食欲が増し内臓脂肪が増える?

ここ数年「睡眠負債」という言葉が一般的になり、睡眠不足で悩んでいる人たちの人口が増えていますね。睡眠不足が続くと、私たちのカラダは食欲で補おうとする作用が働くので、太りやすくなり、要注意です。そのカラクリを見ていきましょう。 睡眠時間は休息…

健康診断の数値を理解して隠れ肥満を発見する方法

昨日の記事で「隠れ肥満」についてご紹介しました。その中で、健康診断ではわかりにくいと説明していましたが、1つだけ隠れ肥満を読み解く数値があります。しかし「隠れ肥満」として健康診断結果の書類に明記してくれるわけではないので、ご自分でその数値…

隠れ肥満に注意! 体脂肪率25%代から危ない?

近年「隠れ肥満」という言葉をよく聞くようになりましたね。見た目は細めで、体重も正常範囲なのに、カラダに締まりがない人は、隠れ肥満かもしれません!?見分け方やカラクリなどの詳細を見てみましょう。 まずは「肥満」の定義を知ろう! 肥満は一般にBMI値…

週一の筋トレだけだと内臓脂肪は落ちない?

スポーツクラブも価格競争が激しくなり、月会費が3,000円で使い放題! というジムも出てきていますね。お子さんのスイミングの待ち時間に、スポーツジムを利用している方も多いでしょう。また男性は筋トレ目的で会員になっている方も多いのではないでしょう…

パパママ注意! 昼のエナジー&夜のお酒は危ない?

忙しい現代、頑張っているパパやママはお昼にエナジードリンクでヤル気を出し、夜はお酒で息抜き! が習慣化している方も多いことでしょう。この組み合わせは、神経回路に影響し、社会生活で必要なコミュニケーション能力が著しく低下することが、イギリスの…

中年になると生理的に運動嫌いになる?米・疫学研究

子どもの頃は、誰に教わったわけでもないのに、歩くより走り回る子が多いのは、生理的なもののようですね。そして学童期から青年期(小学校~高校まで)は学校でも体育の授業が義務付けられています。この時期にスポーツ活動を行うお子さんも多いことでしょ…

夕食時間が遅いと乳がん、前立腺がんリスクが高い?

共稼ぎ世帯が増え、お子さんがいらっしゃるご家庭でも、全体的に夕食の時間が遅くなっているようですね。本日はパパとママの健康のために、遅い夕食時間が続くとどうなるのか?スペインの最新がん研究の報告を見てみましょう。 健康維持は夕食時間と就寝まで…

寝苦しい熱帯夜の快眠方法!体温を下げる工夫とは?

まだまだ残暑が続き、9月中旬ぐらいまでは熱帯夜に悩まされる日もあるでしょう。そんな寝苦しい熱帯夜でも、気持ちよく眠れる方法をご紹介します。ポイントは、「体温を一度上げてから下げる」ことです。 体温を上げてから下げると誘眠効果が! 人間のカラ…

洋食と紫外線予防でビタミンD不足!早産リスクに?

欧米型の食事と、日焼け止めなどによる日光浴不足で、ビタミンDが欠乏状態に陥っている妊婦さんが多くなっているとして、世界中で問題視されていますね。特に欧米では、地域によって妊婦のうち3~5割の人が該当すると考えられています。日本でも、食の欧米…

高齢出産の子どもは優秀? スウェーデン大規模調査

ママの出産年齢が高めであった子どもは、総じて身長が高く、教育レベルが高いということがドイツの最新研究でわかってきました。日本でもママの初産年齢が上昇傾向にあるので、未来のお子さんの成長が楽しみですね。 高齢出産の子どもは健康度が高い? ドイ…

ビタミンB12が不足すると早産に?北欧・研究

ベジタリアンの方や、なんらかの社会経済状況により肉類や魚介類を購入していない人は、極端にビタミンB12が不足するので、早産のリスクが高まる、ということがノルウェーの研究でわかってきました。詳細を見てみましょう。

家族に喫煙者がいると母乳栄養の妨げに?香港・研究

今、授乳中の赤ちゃんがいらっしゃるご家庭で、喫煙者がいる場合はご注意!?母乳栄養が推奨される中、タバコの煙が原因で、母親が自然と授乳を早く切り上げてしまうことが、香港大学の最新研究でわかってきました。

妊娠前後の糖尿病は子供のアスペルガーに?米・研究

ママが、妊娠前に糖尿病であった場合や、妊娠中期に糖尿病になった場合、生まれてきたお子さんは、将来、自閉症スペクトラム障害(アスペルガー)のリスクが高まるかもしれない、ということが、アメリカの研究でわかりました。

残留農薬の高い野菜&果物は妊娠を遠ざける?

残留農薬の多い野菜や果物の摂取頻度が高いと、女性の妊娠率が低くなり、不妊治療を受けていても、成果がみられにくく、そして生存率も低下することが、ハーバード大学の研究でわかってきました。

10代女子のダイエット、将来の生活習慣悪?

年々、ダイエットに関心を持つ女子の年齢が低くなっており、小学校低学年からダイエットを始める女子もいるようですね。 以前から女子高生の時にダイエットを始めると、更年期障害や骨粗しょう症など、高齢女性に起きやすい症状が30代や40代から現れる、「早…

妊娠中の魚摂取(水銀)は胎児に影響なし?(英)

妊娠中の女性が魚を摂取すると、胎児が生後、成長した時の健康に良い影響を与えるという研究発表がある一方で、魚に含まれる水銀が、胎児へ影響し、生後、子どもの自閉症につながる、とも考えられていました。 しかし、イギリスの最新研究で、その影響はほぼ…

マスティハはギリシャ生まれのスーパーフード

最近、TVの健康番組や健康雑誌で話題になっているスーパーフード「マスティハ」をご存知ですか? あの医学の祖ヒポクラテスも医療用に用いていたというマスティハはウルシ科の樹木から摂れる樹脂で5,000年以上の歴史があります。 私たちの健康や美容にどのよ…